スイミングスクール〜25mクロール合格〜

成長日記

スイミングスクール〜25mクロール合格〜

自閉症のりんは3歳からスイミングスクールに通っています。

4年間続けて、やっと目標としていたクロール25mに合格することが出来ました。

他の子に比べると時間もかかりました。

そんなことより、4年間諦めずコツコツと通って

本人なりに頑張っていたことが何より嬉しい。

スポンサーリンク

スイミングを習い始めたきっかけ

自閉症なので習い事をさせるにも迷いがありました。

色んな体験をさせてあげたい、好きなことを見つけるきっかけを与えたい、自信をつける何かがほしい、何が1番向いているのか悩んだ結果、スイミングスクールに通わせることにしました。

  • 水が大好きだったから
  • 体幹が鍛えられるから
  • 個人競技だから
  • ルールが分かりやすいから
  • 水の怖さを知ってほしかったから

スイミングスクール探し

りんの通っているスイミングスクールはコナミスポーツクラブです。

単純に家から近かったので、体験に行きました。

体験の時は担当の先生に「自閉症で言葉の指示が通らない時があるのですが大丈夫でしょうか?」と伺いました。

先生は「そうですか、少し様子を見てみますね」と言って連れて行ってくれました。

心配して窓越しから見ていましたが、何とか流れには沿って出来ているかな…という感じでした。

先生は「水慣れしていますね、大丈夫ですよ。」と言ってもらえたので、決めました。

コナミスイミングスクールの利点と感じるところ

窓口が先生ではなく別の階の担当者なので、入会も退会もそこからになります。

なので、退会する時も気をつかいません。

私は習い物でも案外、先生と信頼関係が出来た状態で退会するの気を使ってしまうんです。

コナミスイミングスクールの残念だなと感じるところ

先生の入れ替わりが激しく、階級や曜日によって先生が変わるので自閉症の子には混乱する場合があります。

先生によっては、きつめに叱る先生もいて、りんが自閉症だというデータは残っているのかな…。多分、残っていても一人一人の子供の情報を確認しているはずがないなと感じます。

4年間の成長

初めた頃はずっと潜ってばっかりで指示が通らなかったり、みんな同じ帽子で分かりにくく順番を抜かしてしまったり、飛び込んだりして怒られたりすることがあり、親としては見てられませんでした。

しかし、時間はかかりましたが2年目くらいから順番もしっかり守れるようになり、水はふざけると危ないということを分かってもらえたんではないかと思っています。

幼い時から水が好きで、危ない川や池に入ろうとしたり、覗き込んだりしていつか1人で行動するようになれば危険だなと思っていたので、水は危険だということを知ってもらうためにもスイミングを習わせたかったんです。

 

毎月、進級テストがあり最近では合格できるように意識して取り組んでいて、合格すれば「僕、頑張ったよ!」と喜んだり、不合格だったら崩れるかなと思っていましたが「惜しかったわ〜」って自分で言って帰ってきてくれます。

進級のスピードは健常の子に比べるとかなり遅いです。

同じように習った子は今やタイムとか測ってますので…。

でもいいんです。りんはりんのスピードで進んでくれれば。

 

りんは誰よりも息が長く続きます。

25mの半分は息つぎなしで行く時もあります。

息つぎのテストなのに、1回も息つぎをせずに終わってしまいます。

水を飲んでないことを祈っています。笑

 

もぐりの専門なんです。

将来はアマさんもありかな…と思っています。

夢はパラリンピックです。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました